育毛 効果

育毛情報

育毛剤の話!

育毛剤の成分で有名なフィナステリドの育毛効果は?

男性型脱毛症であるAGAの治療薬として有名なプロペシア。
そのプロペシアの有効成分はフィナステリドというものです。
フィナステリドは現在日本では男性型脱毛症の治療薬として、唯一医療用医薬品として認可されている成分です。

 

そもそもフィナステリドは、アメリカの食品医薬品局であるFDA、日本でいう厚生労働省のようなものですが、そこに認可された世界初の男性型脱毛症の治療薬ですね。フィナステリドはもともと男性特有の病気である、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として研究が進められていた成分になります。

 

男性型脱毛症に効果があるフィナステリド配合の育毛剤

臨床試験の段階で、副作用として男性型脱毛症の治療効果が見られたことから、改めて男性型脱毛症の治療薬としての開発が進み、治療効果があるとして認可を受けた成分になります。特に日本では医療で使用されていて市販では医薬品のみに育毛剤として使われている面があるので、海外の育毛剤を選ぶときは口コミを参考にしてみるのもよいでしょう。

 

男性型脱毛症が起こってしまう原因は不明ですが、脱毛が起こってしまうメカニズムは解明されています。
男性型脱毛症の脱毛原因は男性ホルモンにあります。

 

男性ホルモンの1つであるテストステロンが5αリダクターゼと結合することにより、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが毛髪の根元にある毛母細胞や毛乳頭に影響を与えてしまって、髪の毛が成長するのを阻害します。

 

結果、毛髪の成長サイクルが乱れてしまうことになり、成長期が短くなって髪の毛が細くなってしまって、やがては抜けてしまうことになります。フィナステリドを服用することによって、テストステロンと5αリダクターゼが結合することを阻害して、抑制してくれます。

 

医薬品で副作用が気になる方は、こちらの医薬部外品の無添加で作られている女性用育毛剤ランキングを参考にするとよいでしょう。⇒人気となっている女性の育毛剤を検証するサイト

 

フィナステリドはジヒドロテストステロンを作り出すことを抑制する

つまり、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを作り出すことが抑制され、男性型脱毛症の緩和、改善に効果があります。

 

ただし、プロペシアを初めとしてフィナステリドを有効成分とする医薬品には副作用もあるので、服用は注意しておきたいですね。男性ホルモンに作用することから、性欲が減退したり、勃起不全、などのような症状を起こしてしまうこともあるようです。

 

特に女性の中でも妊娠中の場合は、胎児に影響が出てしまうこともあると、触ることも禁忌とされていますので、気をつけておきたいものだと言えます。

フィナステリド配合の育毛剤のデメリットは?

男性型脱毛症の治療薬として代表的なものがプロペシアで配合されている有効成分がフィナステリドになります。

 

フィナステリドは日本では唯一男性型脱毛症の改善薬として認可されているものですので、使用したことがあるという人も多いでしょう。

 

ですが、デメリットも実はあるのです。

 

フィナステリド配合の育毛剤のデメリットは?

フィナステリドのデメリットとして大きなものは、やはり副作用でしょう。
効果のある医療用医薬品と認可されているものですので、医薬品というものは、どうしても副作用も出てしまうものです。

 

フィナステリドはいわゆるホルモンに影響を与える成分でもありますので、男性ホルモンに関する副作用が起こるとされています。

 

特に問題が大きいのは、性欲の減退や勃起不全、精子数の減少などですね。

 

男性の場合、薄毛とならんで大きな問題となるのが勃起不全であるEDです。

 

育毛剤で副作用が出たときはどうすれば良い?

フィナステリドを服用することで、そこまで大きな副作用は出ないとされているのですが、実際に服用している人の口コミなどを見ていると少なからず影響は出るようですので、気をつけておきたいですね。

 

ただし、フィナステリドの副作用は服用することをやめると少しずつ解消されていきますので、1度副作用が起こってしまった場合は服用を中止することも1つの手段です。

 

服用を中止すると、フィナステリドの成分が抜けるまでは2週間〜3週間くらいかかるとされているのですが、副作用とともにフィナステリド自体の効果も抜けてしまいますので、男性型脱毛症の緩和や改善効果もなくなってしまうので注意して下さい。

 

フィナステリドは医薬品なので診察が必須で自己負担

フィナステリドのもう1つ大きなデメリットですが、現在のところ、日本で正規に購入しようとすると自己負担になってしまうことです。

 

フィナステリドは医療用医薬品ですので、医師の処方箋が必要となり、医療機関での診察が必須です。
そして、健康保険の適用外となっていますので、診察費用を含めて全額自腹となってしまうので、その分費用が高くかかってしまうことも大きなデメリットかもしれません。

めにゅー

Copyright  育毛の効果が高いフィナステリドの育毛剤!徹底ガイド  All Rights Reserved